FC2ブログ
2019 / 12
≪ 2019 / 11 1 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 - - - - 2020 / 01 ≫

桜 2008年3月18日(火)?3月22日(土) 桜
 掛川&京都ふらっと旅 ?3日目?


智積院会館に宿泊すると、朝のおつとめがあります。
私はこれを体験してみたくて、智積院を選びました。
朝6時30分にフロントに集合し、昨日のフロントにいた女性の案内に従って、
お坊さん達のお経を聞かせて頂きました。

そのあとで、別の建物に移動し、護摩を拝見させて頂きました。
火がメラメラと燃え盛る中、お経を上げる声が響き、
とても神秘的な感じがしました。

続いて、智積院にあるお庭を拝見させて頂きます。
お茶とお菓子を頂きながら、ちょっと優雅な気持ち。
5 智積院あさのおつとめ

そして、それから長谷川久蔵の「桜図」と長谷川等伯の「楓図」の鑑賞です。
とても20代の若者が描いたとは思えないような、素晴らしい障壁画でした。

鑑賞のあとは、智積院でおいしい朝ご飯を頂きます。
席をご一緒した女性のかたは、昨日まで仕事で
今朝、高速バスで京都入りしたとのこと。
宿坊に泊まらなくても、おつとめに参加することができるようです。
それにしてもなんとも、パワフル!
このあとは京都のお友達と待ち合わせて、観光するのだそうで。
素敵な旅になりますように☆


さて、チェックアウトして、今日はふたつめの宿坊を訪れます。
こちらは女性限定の宿坊です。

って・・、バスで下車しそびれて、嵐山に来てしまいました。
京福電鉄嵐山線の嵐山駅構内にて、足湯を発見!
またあとで、来よう?
6 嵐山の足湯を発見!


ふたつめの宿坊は「鹿王院」です。
京福電鉄嵐山線の「鹿王院」駅を南に歩くこと、数分。
そこに静かに佇む、お寺があります。
7 鹿王院
この石畳を歩いていった先に、お寺があり、
泊まるのは女性限定ですが、拝観は男性も可能です。
石畳の周りの苔が、とても素敵です。


荷物を預けたら、散策開始。
嵐山は今回、初めて訪れました。
8 嵐山


まずは、前から気になっていた「華厳寺(鈴虫寺)」へ。
鈴虫がたくさんいるらしい。
法話もユニークでおもしろいらしい。
それにしても、すごく混み合っている。
9 鈴虫寺から

お茶とお菓子を頂きながら、鈴虫の音色に耳を傾けつつ、
法話を楽しませていただきました。


お昼は、渡月橋のすぐ近くの「嵐山よしむら」にてお蕎麦を頂きました。
10 とろろそば

美味しい?kao02
玄米茶に、ほ?っ。
2階の席からは、渡月橋と大堰川が一望できます。


午後はお寺を拝観します。
まずは世界遺産「天竜寺」にて、散策です。
11 天龍寺

曹源池と方丈庭園。
12 天龍寺

室町時代を代表する禅寺のひとつなのだそうです。
13 天龍寺

続いて、「大覚寺」。
14 大覚寺

格子戸の留金をよく見ると、蝉の装飾があります。
(小さくて、スミマセン)
15 蝉

16 大覚寺

大沢池(庭湖)。
17 大覚寺

そろそろ、鹿王院に戻ります。
鹿王院は門限が午後7時なのです。

でも、この日の晩、ほとんど眠れませんでしたkao06
知らない方と部屋をご一緒するのが久しぶりだったのと、
風が強くて廊下の窓がカタカタ音を立てていたのが気になってしまったのと、
寒かったのと。
まだまだ私も、人生の修行が足りません?clover
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Jasmine ☆

Author:Jasmine ☆
旅行と散歩とショッピングが好き。休みの日はよくお散歩しています。読書は村上春樹氏の小説やミステリーが好き。料理本やインテリア雑誌を眺めるのも好きです。旅行はビールの国・チェコがお気に入り。

ベジタブル&フルーツジュニアマイスター取得(活動はこのブログ)。

コメントも、よろしくお願い致します☆
&リンクフリーです。